ラ ドル知ヱ 美ータ。


イタリア旅行記/本/ライブ/映画/アート/まちあるきetc
by kaioko
プロフィールを見る
画像一覧

新潟県立近代美術館(新潟・長岡)

b0068541_093934.jpg

新潟県長岡までドライブ。
写真は途中の米山サービスエエリア展望台からのもの。

新潟県立近代美術館
土田麦僊展
平成21年9月19日から11月3日

ちょうど副館長さんが講師となり「土田麦僊人と作品」という講座が開かれていたので聴講する。スライドで麦僊の作品を出展された展覧会ごとに説明するという内容で、とても分かりやすく面白かった。しかし2時からおよそ1時間半の予定という講義は結構押してしまい、最後まで聞けなかったのが残念。

麦僊という人は佐渡の生まれで、はやくから京都に出て竹内栖鳳の門下で四条丸山派の技法を学ぶ。とても凝り性だった人のようで、例えば「三人の舞妓」という作品のために舞妓という舞妓を一部屋に集め、何枚も素描している。舞妓さんとてタダではいかないから、当然お金を払う。海外への旅費なども合わせて、相当な資金が必要になっただろう。麦僊は借金の代わりに作品を描いていた、ともいう。
「写実の美と装飾の美、その融合を目指したい」。舞妓は、それそのもので美しい対象(装飾された美)を忠実に描く(写実を描く)麦僊にとってこれ以上ない完璧な対象だったのではないだろうか。(ちなみに奥さんとなったのも舞妓さんであった。)

麦僊が目指したもう一つの融合は「東洋と西洋」である。東洋の神秘と西洋の科学、東洋の情感と西洋の理論・・・明治以来、その融合はアートの世界のみならず、日本文化の一大テーマだった。麦僊もその融合を目指して、ヨーロッパやアジアを旅している。理論や構図のみならず、麦僊は画法や素材までも西洋と東洋の融合を追求した。
b0068541_03513.jpg
当時の日本で酷評されたという「海女」は、一部にペンティングナイフで背景を塗りつぶした部分があり、損傷が甚だしい。大胆な構図や人物のデフォルメ、海の青などはアンリ・マティスを彷彿とさせる。ほかにもゴーギャン、ルノワールなど西洋の画家の影響がみてとれる。その集大成が「湯女」であり、「舞妓林泉」であり、「大原女」()である。「大原女」は人物のポーズにはセザンヌを、背景にはルソーの影響が見られるという。

ヨーロッパに発つ前、麦僊は自ら帰国後の自分の作風について言及している。西洋からどんな影響を受けるかはわからないが、自分は「東洋的に、そうしてより古典的に」なるだろうという意味のことを。「大原女」をひとつの集大成として、麦僊は西洋から離れ、日本へと回帰していく。それはとりもなおさず、線への回帰であり、モチーフも花やら鮭の切り身やらになってくる。執拗にスケッチを重ね、これ以外ないと思わせる線と色で描かれた芥子や朝顔や山茶花から滲み出るなんともいえない優しさ、たおやかさ。自らの東洋古典回帰が分かっていた麦僊、40代で早世してしまうが、自らの命が短いことも分かっていたんじゃないだろうか。晩年の絵を観ていると、なんとなくそんな気がしてくる。


新潟県立近代美術館は、なんだか全貌がよくわからない建物である。
いつまでたっても全部が見えてこない感じ。一体入り口はいくつあるのだ。
ウラ?と思われるところにまわりこむと芝生の上にランド・アートがニョキニョキ生えていた。誘われるままに丘を登っていくと、屋上庭園と書かれた看板の先にはよく分からない構造物が夕陽を受けてこれまたニョキニョキとしていた。企画展も面白かったが常設展も驚くなかれ、の厚みのある所蔵。よくわからない建物と併せてまた観に来たいと思う。

b0068541_045435.jpg


b0068541_0123838.jpg

夕陽に輝くニョキニョキ
[PR]
by kaioko | 2009-09-27 00:17 | アート・美術館

日経新聞にフラカンが!

b0068541_1444332.jpg
本日、9月22日の日本経済新聞28面の文化欄(要するに一番ウラ)に、私の大好きなバンドフラワーカンパニーズのベース&リーダー、グレートマエカワの手記が掲載されています。
びっくり!
何で日経に!?

フラカン結成から紆余曲折を経て、今年20周年を迎えたバンドの歴史がコンパクトにまとめられ、とてもいい文章です。タイトルの「“降格”バンド 復活への道」は、グレートさんがつけたのではないらしい。“降格”って・・・当たっているけど(汗)
そんなフラカンがザ・イエロー・モンキーのトリビュートアルバムに参加してラストシングル「プライマル。」をカヴァーすると知って二度びっくり。
このトリビュートアルバムはすごく豪華!参加ミュージシャンそれぞれの選曲が心憎い!SCOOBE DO「WELCOME TO MY DOGHOUSE」、奥田民生「LOVE LOVE SHOW」、毛皮のマリーズ「SUCK OF LIFE」、あがた森魚さんの「4000粒の恋の歌」に至っては涙が4000粒出てしまいますよー!
[PR]
by kaioko | 2009-09-22 14:17 | 音楽・ライブ

イタリア美術とナポレオン展

「イタリア美術とナポレオン展」
コルシカ島フェッシュ美術館コレクション
大丸東京店10階大丸ミュージアム


渋谷文化村ミュージアムでベルギー幻想美術館展を観て、大丸東京店に移動。

一足会場に足を踏み入れて感じたのは、宗教画の重みだった。宗教画というのは鑑賞するというよりは対峙するといった感じ。久しぶりのまとまって観る機会だし、渋谷から移動してきたかもしれないし、単に会場が暗くて涼しかったのかもしれないが、なんだかぞわっと肌で感じるものがあった。こういう絵を観る機会を失いたくないものだと思う。
b0068541_12135578.jpg
ベニーニのピンク色の頬「ダヴィデ」が美しい。ボッティチェリの「聖母子と天使」。少年の姿をした天使が幼いキリストを支えている。その横顔の思慮深く知的なこと。
一見モノクロかと見まごうようなルカ・ジョルダーノの「聖セバスティアヌス」は見開かれた眼と大粒の涙と瞼の裏の紅い粘膜が痛々しい。ジャクイントという画家は初めて意識して観たが空の水色と肌のピンク色と画面の上昇感が明らかにヴェネツィア派で、聖人や天使たちの配置も素晴らしく、クーポラに描かれるのに似つかわしい作品だと感じる。フランドルの静物画や肖像画も見ごたえがあった。ヤン・ミールの丸い画面の絵は小品だが、庶民の生活や内面も伝わってくる。

b0068541_1249592.jpg
ナポレオンにゆかりのある作品も数多い。ナポレオンのデスマスクとか、死の床で使っていた小匙とか。ボナパルト一族の肖像画や彫像もたくさん。特に子供がとてもかわいく描かれていた。「皇帝の胸像を抱えるレティティア・ミュラ」、ナポレオンの姪っ子が皇帝の彫像を抱えている。すごくかわいい!しかし・・・

絶対落として割るな、この子・・・。

脇にはけん玉だの紐がくくりつけられたハサミなどが散乱していて、さぞやいたずらっ子だったのだと想像する。

フェッシュ美術館コレクションはイタリア絵画だけでもフランス国内においてはルーブル美術館に次ぐコレクションなのだとか。作品の質ももちろん負けていないし、デパートの10階とはいえ美術展としての格式も感じられます。必見美術展です。
[PR]
by kaioko | 2009-09-22 12:17 | アート・美術館

ベルギー幻想美術館展

b0068541_1148575.jpg
ベルギー幻想美術館
姫路市立美術館蔵
クノップフからデルヴォー、マグリットまで
bunkamuraザ・ミュージアム



象徴主義の画家たちの作品の展示から始まる。
ステヴェンスの「オンフルールの浜辺の若い女性」。浜辺に犬とともにたたずむ黒衣の女性。写実主義の展覧会に飾ってあってもおかしくないが、波に囲われた浜辺はどこか不安定でやはり世紀末の系譜なのだと感じる。
レオン・フレデリック、「チョーク売り」。都市を描いた作品が多い中で、田舎の風景を描いているのは面白い。子供を抱いた貧しそうな身なりの男性が行く先は二手に分かれており、それが不安感を掻き立てる様子は、ゴッホのそれのようだ。同じく「春の寓意」、「アッシジの聖フランテェスコ」。鮮やかな画面なのに、景色には奥行きがなく、人物にも生命感がない。何故だろう。
ヌンクの「夜の中庭あるいは陰謀」にしても右側の通路の遠近感などがどうも怪しい。概して、象徴主義の画家たちというのは、「うまい」画家ではないような気がする。そしてそのことはこの画家たちにとっては大したことではないのだ。なぜなら彼ら象徴主義者は目に見えないものを描き、それが伝えるのは世紀末の不安感や死都の空虚さといったイメージなのだから。
b0068541_11485263.jpg
クノップフの小品、「ブリュージュにて聖ヨハネ施療院」にしても、画面に空がなく、人影もなく、施療院の壁とそれを映す水面が大きく面積を占める画面は普通の風景画の構図の取りかたでいったら失敗だろう。しかし画家の眼で捉えられたその視界に鑑賞者は捕らえられ、違和感を感じつつ、作品の世界に引き込まれてしまう。深い色彩にどっぷりと沈む。

展示はロップスやアンソールの版画に続く。

そして、大好きなルネ・マグリットの作品。そんなに新しい発見はなかった代わりに「マグリットの捨て子たち」と題された12点組のリトグラフは、マグリット・イメージのオンパレードで贅沢な展示だったと思う。

最後の展示はポール・デルヴォー。デルヴォーの作品をこんなにまとまって観られるのもまた贅沢で、そうそう無いような気がする。「ささやき」という作品が美しかった。絹織物で原画がデルヴォーというものらしい。サーベルという難しい技法で、丹念に作られたもの。見る位置を変えると光の加減で、質感も変わる。女性の髪や肌の美しさや帽子の黒い布地や赤い薔薇の美しさが際立つ。
デルヴォーにしても、裸の女性や鉄道や壁のない宮殿のような建物など、デルヴォー・イメージのオンパレード。その中で、若いころ(30歳のころ)に描かれた「汽車と風景」という水彩がデルヴォーの心の原風景のようで、心に残った。

9月19日にオープンしたばかりの「H&M渋谷店」にも行きました。1階から3階まではレディース、4階がメンズです。店員さんの密度が高くて、試着で乱れた商品を次々に直していきます。接客も丁寧だったように感じます。ファストファッションだからといって、商品がグチャグチャしていたら気持ちよくないもんね。何よりも目に入ってくるのがどれも素敵なデザインで歩いて周っているだけでも楽しいのですが、安いのでついつい手が・・・。サイズ展開が豊富で、小物もかわいいのが魅力です。
[PR]
by kaioko | 2009-09-22 11:55 | アート・美術館

ネジと紙幣な純銀週間


b0068541_1029585.jpg
「ネジと紙幣」
近松門左衛門の「女殺油地獄」をベースにした現代劇。
なぜ行人は、桃子を殺さなくてはならなかったのか?
於:天王洲銀河劇場
上演時間:2時間10分位(休憩なし)


まずは花火大会の時のことから始めようか。
場面が切り替わるたび、ある人物の独白から始まる展開。しかし、ト書き的なセリフはほんの少しで、次の瞬間からセリフの応酬と激しい立ち回り。始まってすぐに、このお芝居は

脚本・演出がすごい! 

と思った。普段は脚本を意識して舞台を観ることなんてないのに。ストレートプレイということもあるが、台本をじっくり読んでみたいと思わせる作品。
そんな脚本・演出は倉持裕さん。「つかじの無我」や「時効警察」なんかを手がけている。なるほど、ちょっと変わった本を書く人だ。
まず、みんなが言いたいことを言っていて、セリフがかみ合っていない。脚本としてはこんなの失格じゃないだろうか。しかしちょっとずつベクトルの狂った言葉や行為は、そのまま放置されることなく、舞台の水面下でゆっくりと臭気を放ちながら不幸の土壌を形成していく。室内に干しっぱなしの洗濯物、氷が溶けて薄まってぬるくなった麦茶・・・高温多湿の世界の中で人々の言葉にならない念のようなものがうねっている。それらは液体が気体に変わるときの破壊力を持って、爆発する。
爆発するのは、本人さえも分からない人間というものの本性。ハンズの袋には何が入っていても不思議ではないように、銀色の水筒にホットのミルクティが入っているとはなかなか想像しにくいように・・・。

掛け時計から流れる音程のズレたイッツ・ア・スモール・ワールド・・・
-みんなそれぞれ助け合う、小さな世界
この物語の登場人物はまさに小さい世界の中で、助け合って生きているように思える。
幼馴染みへの愛、親の愛、夫婦の愛、兄弟の愛、キャバ嬢への愛・・・こんなにも愛に溢れた世界でありながら、なぜみんなで不幸の道を歩んでしまうのか。
全ては善意から発していながら、最悪の結果を迎えてしまうということは、物語の世界だけでなく、現実でもありうることで、むしろほとんどの最悪の結果は善意から発しているのかもしれない。

始まりが何かって、考える。でもその始まりにも始まりがあって、結局何が始まりなのかわからなくなる。だったら、終りを考えたほうが早い。

遂に殺人に至ってしまう行人の言葉に、こんなようなセリフがあった。
少し先の結果を冷静に見つめている人間と、「終り」のことしか考えられない人間・・・そんなときに人は人を殺すなんてことが起こるのかもしれない。

歌もダンスもないストレートプレイ初挑戦の未來くんだったが、相変わらず体からエネルギーと感情が溢れて、自らの体のサイズが小さい!と叫んでいるような演技でした。ともさかりえちゃん、細い!浴衣とかワンピースとか体の線を感じさせる衣装だったので、すごく細さが目立った。華奢な体が血にまみれる殺人のシーンは痛々しかった。顔のゆがみフェチな私にはともさかりえちゃんの顔は気になるサンプルです。好きな女優さんです。妹役の満島ひかりさん、かわいかった。この妹も曲者で、常識的なようでいてかなり歪んでいるんだよね。家族みんながひた隠しにしている感情を敏感に感じながらずっと育ってきている。自分の恋愛のことになると消極的で流れにまかされてしまう。そういうところが伝わってきた。気になる女優さんです。

追記:本日9・22は休演日で、未來くんは「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに出演です^^
[PR]
by kaioko | 2009-09-21 10:38 | 映画・演劇

東京タワー☆

b0068541_170476.jpg

東京タワーのふもとに来ています。
ノッポン大忙し!
[PR]
by kaioko | 2009-09-19 17:00

最新の記事

いとうせいこう再考
at 2013-05-07 22:36
ウィーン紀行2
at 2012-11-13 07:35
ウィーン紀行
at 2012-11-13 06:47
東京スカイツリー
at 2012-06-19 21:36
パワーストーン
at 2012-03-22 21:47
定期入れ
at 2012-03-12 21:22
渋谷2012.3
at 2012-03-04 10:16
銀座2012.3
at 2012-03-04 09:54
チョコレート2012.2
at 2012-03-04 09:41
レッチェ、マテーラ写真集
at 2012-02-07 23:45

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧