ラ ドル知ヱ 美ータ。


イタリア旅行記/本/ライブ/映画/アート/まちあるきetc
by kaioko
プロフィールを見る
画像一覧

ローマ:駅周辺をめぐってみる。

2月11日、ナポリへ移動。前日に予約しておいたユーロスターの発車時刻まで、時間があったのでローマのまだ行っていないところを駅中心に散策。でも、行っていないところってたくさんあるのよね。

b0068541_22393726.jpg
地下鉄に乗ってバルベリーニ広場へ。クアットロ・フォンターネ通りを駅方面へ戻る。目指したのはクイリナーレ通り沿いにある二つの小さな教会。サン・カルロ・アッレ・クアットロ・フォンターネ教会サンタンドレア・アル・クイリナーレ教会。実はここ、何回かトライしているのに1回も中に入ることができていないのだ。それぞれ、ローマ・バロックの巨匠、ボッロミーニとベルニーニの設計による。決して大きな教会ではなく、ファザードからしてどちらかというと目立たない質素な感じ。

b0068541_22352961.jpg

サン・カルロ~(↑)は閉まっていた。今日は日曜。昼12:00~13:00までと、15:00~17:00までしか開いていない(因みに、平日は10:00~13:00まで)。なかなか、入ることはできない。さようなら、ボッロミーニ。
対するベルニーニ設計のサンタンドレア~(→)は運よく入ることができた。この教会は、狭い敷地に建てられたため、奥行きより幅のほうが長い設計になっている。いくつかの礼拝堂が楕円形の中心に向かって開いているデザイン。まるで楕円形のオルゴールの箱のような。

小さな教会は朝の光で満たされていて、とても静かで、意表をついた設計であるにもかかわらず、居心地の良さを感じる。

クイリナーレ通りを北東へ直進し、サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会へ。なんといっても、ベルニーニ作「聖テレジアの法悦」が観たい。ミサ中で、入場は許されたものの、やはり鑑賞はNGで、そうそうに外へ。

モーゼの噴水を横切り、アウラ・オッタゴナへ。この辺一帯は、ディオクレアヌス帝の浴場の遺構がここかしこに残る。アウラ・オッタオゴナもその一角で、ガラス張りの床からは浴場の跡も見られる。かつてはプラネタリウムとして利用されたというドーム状の建物の中には、ほかに古代彫刻の展示があり、天井から差し込む光のもとで見るこれらの彫刻はなかなかのもの。ここ、無料です。
b0068541_22371017.jpg

続いて、共和国広場へ。噴水を囲むようにカーブした建物の壁。これが浴場を囲んでいた壁を利用したものであることを知る。青い空をめがけて白いしぶきをあげる噴水と、ロータリーを行きかう車と大勢の人々。ここが、はるか昔は浴場だったなんて。
b0068541_2238574.jpg

この広場に面して、その名前からわかるように諸天使に捧げられたサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会が建つ。ここは、ミケランジェロが設計した教会といわれているが、ミケランジェロが設計したもので残っているのは、大きな丸天井だけらしい。でもこの丸天井といい、ファザードといい、中にある彫刻といい、翼廊にある子午線(北極星の位置と太陽が子午線を通過する時を示すもの。正午にみられるらしい)といい、結構みどころのある面白い教会だと思う。

空は快晴!さぁ、ナポリにむかうぞーー!!!
[PR]
by kaioko | 2007-02-23 22:42 | カンパーニャ2007・2

カテゴリ

全体
レッチェ・マテーラ2012.1
トスカーナ2010・11
ウンブリア2008・11
シチリア2007・11
カンパーニャ2007・2
エミリア・ロマーニャ2005・11
日記・雑記
国内旅行
本 
アート・美術館
カルチョ
映画・演劇
音楽・ライブ
未分類

最新の記事

いとうせいこう再考
at 2013-05-07 22:36
ウィーン紀行2
at 2012-11-13 07:35
ウィーン紀行
at 2012-11-13 06:47
東京スカイツリー
at 2012-06-19 21:36
パワーストーン
at 2012-03-22 21:47
定期入れ
at 2012-03-12 21:22
渋谷2012.3
at 2012-03-04 10:16
銀座2012.3
at 2012-03-04 09:54
チョコレート2012.2
at 2012-03-04 09:41
レッチェ、マテーラ写真集
at 2012-02-07 23:45

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧