ラ ドル知ヱ 美ータ。


イタリア旅行記/本/ライブ/映画/アート/まちあるきetc
by kaioko
プロフィールを見る
画像一覧

ホテルビーナスへようこそ。

ホテル ビーナス
/ ビクターエンタテインメント

ワケありの流れ者たちがひっそり暮らすホテルビーナスに、ある日不思議な父娘が現れた。頑なに心を閉ざす娘に、ホテルの世話係でもあるチョナンは心を配る。それとともに、他の住人たちも少しずつ前へ向かって歩みだそうとしていく……。

とりあえず、全編ハングル語なのに、びっくり。全く違和感のないところが。
全編ハングル語というのも、モノクロの画面も、LOVE PSYCHEDERICOも異国情緒というよりもどこにもない異界情緒を醸し出している。暗い過去を抱えた人々が集う場所、ホテルビーナス。物憂げに流れる音楽も、乾いた空気感もさながら「バグダッド・カフェ韓国版」だ。(実際の撮影はウラジヴォストクらしい。)

足のカットが多い。
「目は口ほどにモノを言う」というが、「パンツの丈の絶妙な長さ」というのも相当モノを語っているというのは私の持論だ。
やっぱり草ナギ君のジーンズの着こなしは素晴らしく格好いいし、そのつま先がつむぎだすダンスも、この映画では大切な「言葉」になり得ていた。
中谷美紀、きれいだなと思う。煙草に火をつけるところとか、モノクロで際立つ白い肌とか。香川照之さんとの喧嘩シーンも壮絶で、その美しさがすごく切なかった。
そして、香川さんですよ。
あることをきっかけに医者であることをやめてしまった、のんだくれの「ドクター」役。
その絶望っぷりがまた、すさまじかった。

とてもいい映画でした。泣けました。が、ちょっとぶち壊しなキャスティングとシーンがあり・・・、観ればわかると思いますが、あれだけが残念でした。



■ネタバレ

・ボウイが、ビーナスに「強さって、何?」と問うところ泣いた。この子、ちょっと森山未來くんっぽい。
・あとは、やっぱり最後のホテル前での乱闘シーン。泣きじゃくるサイの涙は泣けた。
ワイフを殴られたドクターが激高するところが、トリ肌たった。
ドクターがドクターとして再び生きようとするところもいい。ていうか、香川さんがいい。あの、ウイスキーグラスをクルクル床で回すシーンも。
・で、そのドクターが医者を辞めるきっかけになった患者というのが、実は・・・ということに観終わったあと気がついて、がーーーんとなった。馬鹿。
[PR]
by kaioko | 2007-10-07 02:27 | 映画・演劇

カテゴリ

全体
レッチェ・マテーラ2012.1
トスカーナ2010・11
ウンブリア2008・11
シチリア2007・11
カンパーニャ2007・2
エミリア・ロマーニャ2005・11
日記・雑記
国内旅行
本 
アート・美術館
カルチョ
映画・演劇
音楽・ライブ
未分類

最新の記事

いとうせいこう再考
at 2013-05-07 22:36
ウィーン紀行2
at 2012-11-13 07:35
ウィーン紀行
at 2012-11-13 06:47
東京スカイツリー
at 2012-06-19 21:36
パワーストーン
at 2012-03-22 21:47
定期入れ
at 2012-03-12 21:22
渋谷2012.3
at 2012-03-04 10:16
銀座2012.3
at 2012-03-04 09:54
チョコレート2012.2
at 2012-03-04 09:41
レッチェ、マテーラ写真集
at 2012-02-07 23:45

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧