ラ ドル知ヱ 美ータ。


イタリア旅行記/本/ライブ/映画/アート/まちあるきetc
by kaioko
プロフィールを見る
画像一覧

ペルージャ:街の中心

2008イタリア旅行日程
11月8日 出国→ローマ
11月9日 ローマ→ペルージャ(泊)
11月10日 ペルージャ(泊)
11月11日 アッシジ観光、ペルージャ(泊)
11月12日 ペルージャ→フィレンツェ(泊)
11月13日 フィレンツェ→ローマ(泊)
11月14日 ローマ→帰国(15日)

11月8・9日

まず、訪れたのはローマから2時間ちょっとのペルージャへ。ウンブリア州の州都。ペルージャやアッシジ、そして今回は訪れることができなかったオルヴィエートも、都市の中心は中央駅から少し離れたところにあるので、バスやケーブルカーなどで移動する。ペルージャ(フォンティヴェッジェ)駅から、ホテルのあるイタリア広場まではバスで30分くらい。駅前のバスターミナルでバスの切符を購入する。
b0068541_13313117.jpg
ペルージャのメインストリートはヴァンヌッチ通り(Corso Vannucci)。ウンブリアを代表する画家であり、ラッファエロの師匠としても知られるピエトロ・ヴァンヌッチ-ペルジーノからその名をとっている。さすがにメインストリートであるから、人の往来は夜まで絶えず。これを北に歩いていくとレップブリカ広場を経て、ペルージャの中心11月4日広場へと至る。




b0068541_1323584.jpg
【カテドラルと大噴水】
この広場に面して、ほかのイタリアの都市と同じようにカテドラルが建っているが、このカテドラル、大きいが象徴性というか求心力に乏しい。代わりにこの広場をしてペルージャの中心たらしめているのは、カテドラル前の大噴水だといえる。
例えばローマのバロック彫刻噴水にみる壮大な装飾性とはまた違い、噴水というものが本来もつ公共性を越えて、街を象徴するモニュメントとして登場してきた初期のものとして鑑賞しうる。

下段はニコラ・ピサーノ、ジョバンニ・ピサーノ父子による浮彫り(月暦図、旧約聖書の物語などで構成)、上段には24体の大理石の彫像が立ち並ぶ。このうち玉座に座り、「豊饒の角」を持っているのがペルージャの寓意像であるといわれている(左、右は多分ローマの寓意像?ローマとペルージャは古くから結びつきが強い。)真ん中は鶴と狼の寓話、イソップ寓話にあるものでしょう。ぐるぐると何度も噴水の周りを巡る、面白い。
b0068541_13252144.jpg

[PR]
by kaioko | 2009-01-17 13:33 | ウンブリア2008・11

カテゴリ

全体
レッチェ・マテーラ2012.1
トスカーナ2010・11
ウンブリア2008・11
シチリア2007・11
カンパーニャ2007・2
エミリア・ロマーニャ2005・11
日記・雑記
国内旅行
本 
アート・美術館
カルチョ
映画・演劇
音楽・ライブ
未分類

最新の記事

いとうせいこう再考
at 2013-05-07 22:36
ウィーン紀行2
at 2012-11-13 07:35
ウィーン紀行
at 2012-11-13 06:47
東京スカイツリー
at 2012-06-19 21:36
パワーストーン
at 2012-03-22 21:47
定期入れ
at 2012-03-12 21:22
渋谷2012.3
at 2012-03-04 10:16
銀座2012.3
at 2012-03-04 09:54
チョコレート2012.2
at 2012-03-04 09:41
レッチェ、マテーラ写真集
at 2012-02-07 23:45

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧